新亜光学工業株式会社と太いパイプを持つ海外

本当に存在するユニークな海外事業

サービス拡大が一番のメリット

海外進出は思いつきで出来るものではありませんし、それなりにコストが発生するので入念な計画が必要です。それにも関わらずなぜ多くの企業が海外進出を果たすのでしょうか。

企業がサービスを展開するのは利益の確保の為です。日本だけでは無く海外進出をする事でサービス拡大が行われ、多くの利益を得られる可能性が広がります。日本はGDPが横ばいであり、少子高齢化の為消費が停滞しています。それに比べて海外では国によっては若い世代が多くなる逆ピラミッドや、これから経済の活性化が予想される国もあります。

日本は比較的税金が高く、発展途上国に比べると倍近くなります。あえて税金の安い国で事業展開を行えば、利益はそのままで節税が可能です。

人件費が上昇するかも?

節税や新しい可能性は非常に魅力的ですが、海外進出はメリットばかりではありません。進出する国によっては人件費が高く、思った純利益を得られない可能性があります。

発展途上国に関して人件費の問題はクリアしていますが、これまでの体質や事業モデルでは働き手が見つからない可能性もゼロではありません。ケースによっては現地の法制度を確認した上でのビジネルモデルの見直し。

または経済情勢に合わせたサービスリリースの必要が出てきます。また海外ビジネスに関しては外国通貨建が一般的なので、外貨の変動リスクについて知識がなければ利益確保は難しいでしょう。特に輸入出の事業展開をしている企業は、資金計画が立てにくいのがネックです。


TOPへ戻る