新亜光学工業株式会社と太いパイプを持つ海外

海外進出する際に求められる人材とは?

外国語をマスターしている

一筋縄ではうまくいかないとされている海外進出ですが、創業から国内だけでは無く海外進出を視野にいれている新亜光学工業株式会社では、どんな人材を求めているのでしょうか。

日本は母国語である日本語のみをマスターをしていれば問題ありません。しかし海外進出を果たす場合は、その国でメインになっている言語や地方によってなまりやスラングがあるので、それを理解しなければなりません。日常会話レベルはもちろんのですが、ビジネス会話が出来る人材はとても大事にされます。

現地のバイヤーや責任のある立場になりやすいので、新亜光学工業株式会社を含む製造業で働きたい方は多言語をマスターしておきましょう。英語・中国語・イタリア語がおすすめです。

多様性を受け入れ・押し付けない人材

国内で働く場合も同じですが、考え方や感じ方は十人十色でどれが正解かは誰もわかりません。しかし自分の意見が正しいと思い込み、相手に押し付けてしまう。思い当たる節や周りにそんな人はいませんか?

自分の考えに自身があるのは素晴らしい事ですし、ビジネスでは必要なシーンもあります。しかし企業の顔として動く分には、これらの考え方では重要な人材だと思われる事はありません。新亜光学工業株式会社は多くの国と取引をしているので、多種多様でありながら柔軟な考え方が重要視されています。

多様性を受け入れた上で、相手の考え方を尊重する。自分の意見がある場合、主張はするけれど押し付けはNG。これらの引き際が重要視されるポイントです。


TOPへ戻る