新亜光学工業株式会社と太いパイプを持つ海外

新亜光学工業株式会社が抱える問題点

単一民族の国ならではの問題点

日本は世界の中でも珍しく、単一民族で築き上げてきた国です。別の項目でも説明しましたが最低限の日本語をマスターしていればコミュニケーションは取れますし、仕事での意思疎通も可能です。

そんな国で育った私達は知らない内に「日本人だったらこうする」という考えの元アクションを起こしています。これから海外進出を検討しているのであれば、これらの考えはキレイに捨てさらなければ大きな成功はありません。

新亜光学工業株式会社は早い段階から海外進出を行いましたが、始めから大成功を収めた訳ではありません。今でこそシンガポールやアジア圏に関連企業を展開していますが、当初は「国内だと常識」というルールが通用せず、四苦八苦しました。

なぜ新亜光学工業株式会社は成功している?

新亜光学工業株式会社がここまで大きくなり、成功しているのは様々な問題点を乗り越えながら前へ進んできたからでしょう。海外進出していない時にも日本人だけでは無く外国人スタッフを多く雇用し、様々な視点から自社製品を分析しました。その上で海外向けの製品としてカスタムしていき、更に現状では満足せずに常にアップデートを行ってきました。

カメラレンズを含む光学製品はアジア向けにリーズナブルなものを展開する。あるいはカスタマイズが可能な製品をリリースする事で、初心者だけでは無くベテランのリピーターを作ってきました。

近年では環境に優しい太陽電池の開発を行っていて、シンガポールに大規模なプラントを設けて提携事業を展開しています。


TOPへ戻る